鰻の不牢愚

バイトの休憩中にこれ書いてました、しゅんたです。

夏公演終わったぜいー!


とは言ってももう5日ほど前の話だけどね笑

それでも書くとしますか。


今回僕が演じたのは上原先生っていう元大学教授の爺さんです。

観てくださった方はお分かりでしょうが本当にどうしようもない爺さんでした。


ボケ老人だし、見栄っ張りだし、人は殺すし(証拠はないが)。。。物語終盤ではみんなからこっぴどく言われちゃって、完全に嫌われ役って感じ。でもそんな彼も人間だった。「死」に怯えたり、自分を慕う子供に対して優しくなったり、好きな人に良いところを見せる為に暴走したり。そういう根本のところはこの劇を観てくださった人にもきっと当てはまるだろうし、僕はどこかこの爺さんに親近感を感じました。物語の登場人物には嫌われても俺はこの人を嫌いにならないであげたいなぁなんて思いながら演じてました。

もうこの爺さんを演じれないのかぁなんて思うとちょっと寂しいな。でも次の劇に向けて走り出せると思えばちょっと楽しみ( ´∀`)

あ、そういえば鰻食べましたよ。前々から鰻、鰻ってうるさかったと思いますがようやく願いが叶ったぜ(大槻班長、僕頑張ったよ。(泣))

写真載せたかったけど、載せ方がわかんないのでまた今度ブログ書く機会あった時に載せようかなぁ。(載せないかもしれないけど。)


ではまたー! しゅんたでした。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

fudai

Author:劇団ふだい
劇団ふだいは、富山大学五福キャンパスにある演劇サークルです。


HPは上のバナーからどうぞ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する