夏の終わり

昨年度学祭公演の企画代表者をさせていただきました岩瀬です。
富山大学では10/1が開学記念日でお休みなので実感がわかないのですが
実はもう夏休みは終わりを告げたのです。
毎年のことながら公演の準備してたらすぐ終わっちゃいましたね。
今日は役者の方に使っていただく小道具を作りました。
実際にお客様から見えるかどうかは微妙なものなのでやろうと思えば手を抜くことも出来るのですが
実際に使う役者の方のモチベーションなりテンションが少しでも上がればと思い細かな所まで作り込んでいます。
今年の企画も複数回の上演ですので時間がある方は細かいところまで注視してみてはいかがでしょうか?


担当:岩瀬

時の流れとは早いもので。

どうもこんばんは、つぢまさとです。
いよいよ明日から後期の授業が始まってしまいますうわああああん!
9月の半ばから復習しようしようと思ってしなかった阿呆がここにおりますとも…。

さて、練習の話ですね。
テトラポットはそう言えば本格的に練習が始まってからはあまり稽古日記を書いていなかったので、もっと積極的に書けば良かったなあと少し後悔しております。
そんな訳でしばらく進み具合をこちらで公開していなかったテトラポットですが、だいぶ仕上げの段階に入ってきました。
つい最近シーンの追加などもありバタバタしていたのですが、それも形になってきています。
キャストさんの2人がとても楽しそうに演じてくれていて、見ている私も楽しいです^^*

しかし完成度が高まれば高まるほど、更に上のものが欲しくなるのが私の性というか人間の性というか。
練習できる時間はもう残り少ないですが、その少ない時間をフルに活用してより良いものをお届けできるよう頑張ってゆきます!

そして私が役者をやるガールズマテリアルの方も、テトラポットに、他のどのチームにも負けないように!
もっともっと高めてゆきます^^*

ほんとはひとりぼっち

こんにちは。
粳、粳原餅子です。

学祭がもうそこまで迫っていて、みなさんの練習にも熱が入り
各チーム士気が高まっているようです。

チーム人数多いとにぎやかで楽しそうですね。

私ですか?
私はひとりぼっちです。
嘘です。

黒野無有さんと二人でなんとか頑張ってます。
小道具も、衣装も、揃いました。揃えました。私が。
この淋しさを糧として学祭に挑む覚悟です。

大人数でわいわい頑張るのもいいですけど、
少人数でまったりやるのもいいですね。
他のチームに見劣りしないものを見せられれば幸いです。

明日は朝から稽古です


宝島歌劇団の演出(笑)をやっております仲川です。皆様いい夢見てますか?



餅子ちゃんは一人で小道具も衣装も揃えたようですが(素晴らしい)、こちらのチームは実は揃ってません(^_^;)うふ




深夜2時現在、サリーちゃんの衣装制作中です!!!!!!!!!(^q^)

DSC_0619.jpg

どんな衣装かは劇場で見ていただきたいので袖だけ。


練習を重ねてきた歌やダンスも勿論見どころですが、

各キャラクターの個性が光る衣装も見どころです!



ぜひぜひ学祭公演にてご覧くださいませ。

学祭目前

ギャー、日付変わってしまってるじゃん
更新遅れて申し訳ないです。ちょっと遅くまでやっていたんです。
どうも、小道具で一撃くらってしまったジャーマンです。

授業が始まって数日、僕は選択科目で悩んでます。
でも履修登録期間がもうないのでさっさと決めないと…

そんな話は置いといて、僕が所属するセラエノですが学祭間近なのですがいまだに小道具制作しています。
結構な量があるので間近までかかるのは仕方ないと思ってます。
でも間近までかかってるのは演出さん担当が多いからでないかと思い、申し訳なさも感じます。
そんな状態のセラエノですが先ほども申しましたが小道具の量は多いです。
しかもその1つ1つのクオリティはかなり高いと僕は思います。
後はそれをうまく使えるかによって劇が良くなるか悪くなるかが大きく左右されてしまうのではないかとも思います。

それと見に来てくださったお客さんがどんな反応をとるか、僕、気になります。

学祭が終わるまでが夏休みだと何度勘違いしそうになったかと思い出しつつ今回はこの辺で。

上演変更のお知らせとお詫び


学祭公演、運営代表の阿部です。


HP、ツイッター、ブログ等の情報では、全13チームによる短編劇を予定していました。


しかし、役者の一身上の都合により、3つのチームが上演不可能になり、全10チームでの公演を行います。


当日、上演を行わないのは、[めがね同好会]、[カショノクニ]、[春待人]の3つのチームになります。


突然の変更になり、公演を楽しみにして頂いていた皆さまには、深くお詫び申し上げます。




残す10チームに関しましては、当初の予定通り、問題なく上演致します。

是非劇団ふだい学祭公演、[ふだいの芝居]にお越しください。

学祭公演2日目!!


おはようございます!


本日は、劇団ふだい学祭公演、「ふだいの芝居」の2日目の公演日です。


9時00分開場、9時20分~18時まで約15分の短編劇を沢山、エンドレスで行います。


全10チームによる様々なジャンルの芝居を上演致しますので、よろしくお願いします!




また、昨日ご来場して下さった皆様。
誠にありがとうございました!

(ヨッカ~)

学祭公演終了!


お疲れ様です!
運営代表ヨッカ~です!


昨日今日と続いた学祭公演「ふだいの芝居」は、無事に終了致しました!


観に来て下さった皆様、誠にありがとうございました!


2日間で約300人のお客様にご来場頂きました!

……くぅ、去年より少ない
いやいやいや、来て下さった皆様に失礼ですね



そう言えば今年は、結成3年目、2年目のチームや新鋭のチームが入り乱れる構成となっていました。

皆さん気づいていましたか?




来年度は、4年目3年目のチーム、そして今年出来たチームは2年目となるのでしょうか?


今から楽しみですo(^o^)o




最後に、学祭公演「ふだいの芝居」にご来場頂きまして、本当にありがとうございました!

通常練習再開!

最近急に寒くなって、冬が近づいていることをひしひし感じている大原です。

学祭公演も皆様のおかげで無事終了し、
昨日から基礎練中心の通常練習が再開しました!


今日の練習では、
顔面体操や呼吸、字ずらし、007などをしました。
最後にエチュードをしたのですが、やっぱりエチュードは面白いですね!
特に私が好きだった2チームを紹介したいと思います♪( ´▽`)

・「船」という場所設定だったチーム
内容は「飛行船で起こる宝石盗難事件」
怪盗として出てきた うっすの、相手の台詞への返しがとても面白かったのが印象的でした!
見ていた人からはちらちら「うめーなぁ」という声が聞こえてきてましたね。

・「地下コロシアム」という場所設定だったチーム
学祭公演の際の「THE KING OF BADMINTON」を思い出させる内容でした!
連戦連勝無傷の男に攻撃する満身創痍の男。
だが連勝の男には触れることができない。
そこに現れる審判。審判は連勝の男に触れることが出来る。
連勝の男は自分に触れることの出来る特別な存在である審判と勝負をしたがる。
満身創痍の男は、審判を利用し連勝の男に勝とうとする。
さあどうなる!というところで時間切れ…
とても続きが気になりました!


やっぱり通常練習をすると落ち着きますね。
一段落、という感じがします。
最後に…
急に寒くなったので皆様体調に気をつけてお過ごしください!

ひっそりと

どうも、ジャーマンです

学祭が終わったということで、反省やらなんやら書いていきたいと思います。

まずは照明チーフとして…
今回学祭の運営チームで照明のチーフをさせてもらいました。
何度も書いてますね。
全体を通してまずまずって感じですね。
忘れてることがあったり、説明不足ではないかと思うところもありましたから。
次はそういうことが少なくなるようにしていきたいです。

次はチームに所属して…
今回自分は2チーム所属していました。
誘ってくださった方には感謝しかありません。
本当にありがとうございました。
役はどちらも黒子でした。

セラエノでは、技のエフェクト出す役で黒子としてやってました。
うまくいったときもあれば、ハプニングに見舞われるときもありました。
全体的にはもたつき感がちょっとあったような気もします。
特に劇の最後の方ですね。
もっとうまくいけたんじゃないかと思ってしまいます。
あと、周りから聞いたんですが黒子が人気だったそうです。
個人的にはあんまりうれしくないです。
あくまで黒子なので陰でサポートする役ですし、ほかの役者よりも目立ってしまうのは役者にも申し訳ありません。
その辺も僕の動き方に問題があったのかなぁ~?
あとどうでもいい話自分は一刀の最終奥義のセリフの言い方が1番好きでした。

インポッシブルでは、ね?
最後にちょこっと出るはずだったんですがね、途中で普通に役として出ちゃいました。
自分でもびっくりなことです。

この2チームにいたからなのかどうかは定かではありませんが、夏休みを通して若干ノリがよくなった気がします。
これは進歩なのでしょうかね?

長々となりましたが学祭については以上です。

自分の変化に驚きつつ今回はこの辺で…。
プロフィール

fudai

Author:劇団ふだい
劇団ふだいは、富山大学五福キャンパスにある演劇サークルです。


HPは上のバナーからどうぞ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する