こんな時間ですが更新しちゃいます、タッキーです。

今日の練習は五福公園でおこなわれました!

練習開始時はまだ明るかったのですが、どんどんと辺りは暗くなっていき・・・気が付けば真っ暗(薄暗?)

皆の表情もはっきりとみえない中行われたエチュード(即興劇)では、やはり屋外という影響もあってかなかなか声がひびきませんでした<汗> 

個人的には、エチュード中次の展開へふくらませることができずフリーズ!後輩に無理やりに話題をふってしのいでしまった自分がいました。すまぬおじいちゃん!

一方他の皆のストーリー、キャラ、セリフはおもしろかった笑。特に女王バチの息子さんがツボですきでした。

なんだかんだで外の練習は涼しくて気持ちよかったです。また外でやれたらいいなあ。









あ、そういえば今日ふだいの一部メンバーで海にいくみたいですっ!
夏真っ盛りのカンカン照りのなか、ビーチで遊んで海で泳ぐ。そしてなにより!水
・・水・・・はい水遊びには最高のロケーション!
楽しんできてくださ~~い、では!



夏と海と脚本と…

 皆さんお久しぶりです。黒野無有でございます。

 突然ですが暑いですね!8月に入ってからより一層暑くなった気がします。僕は1日一本以上アイス食べてます。欠かせませんねアイス(≧∀≦;)

 本日はふだいの皆で岩瀬浜海水浴場に行って着ました!もちろん海水浴を楽しむためです!
 泳いだり、潜ったり、浮いたり、流されたり、水掛け合ったり、ビーチボールや水鉄砲も使って大いに真夏の海を堪能しました!
 おかげで参加者のほとんどが真っ赤(?)に日焼けしてしまいました。日焼け止めあんまり利かなかったみたいですね(^_^;)しかし僕はこれもまた海水浴の醍醐味だと思います( ̄∇ ̄)

 その後、海から帰っていつも通り練習かと思いきや!今日は劇団ふだいのOBの方を招いて『脚本ワークショップ』なるものを開催しました。
 脚本には欠かせない『起承転結』の構造など基本的な事を学んだ後に、実際に『争い』をテーマにそれぞれ脚本のアイデアを書いてみました。
 日頃エチュードで鍛えられているせいか皆なかなか面白いお話を考えていました。
 中には10月の学祭に向けて本格的に書いている人もいるみたいですね…僕は来年の学祭で本格的に脚本を書くつもりです。それまでアイデアをあたためておきます。

 それじゃあ今年は何をするのかって?それはまた次の機会にお話致したいと思います。ではまた(^^)ノシ

夏は夜

『夏は夜。月の頃はさらなり。闇もなほ。螢の多く飛び違ひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。』 枕草子

平安時代の歌人、清少納言も歌っている通り、夏といえば夜ですね。
涼しいですし、ほのかに明るく月が照らしている様は、やはり風流ですね。

きっと平安時代の方が、月も大きく見えたでしょうし、涼しかったでしょうから、清少納言の歌った情景とはまた違うでしょうけど・・・


と、まあ、この辺で挨拶失礼します。ヨッカ~です。

本日の練習も五福公園の方で行いました。
黒野無有さんの仕切りで、力や演技の0と100を意識した練習メニューでした。



エチュードでは、色エチュをしましたが、やはり難しいですね。
色から連想される情景やキャラ、場所、舞台の雰囲気などをみんなで共有することはやはり難しい・・・

ですが、失敗から多く学ぶことが大切です。
次やるときや、本番の時とかに向けて、”引出し”を多くしておくことは、自分の番以外でも出来ます。
むしろ、自分の番以外の方が、演劇を観れる訳なので参考に出来る部分が多々ある気がします。


とにかく、意識して精進するべしですね!


さてさて、練習後は自主練(?)で缶けりをしました。


鬼は、じゃんけんの結果3年生のサラダさんになりまして、それからずっとサラダさんでしたね(苦笑)

夜だと人の動きが見えづらいんですね。
そうですね。
いじめですねww←

でも、夜に缶けりとか、子供の頃はなかなか出来ませんから、楽しかったですww



それでは、冒頭で文化に触れたので、自分も最後に一句。


『月明かり 駆ける童心 写し出す』 ヨッカ~

声量と清涼

はい、ジャーマンです。

本日も五福公園で練習でした。
移動があるのできびきび動かないと練習時間が無くなってしまいますね。

最後にはエチュード、本日はベタエチュでした。
これをやるころには、あたりは暗くて表情は見づらいものです。
だからこそそういう時は一言一言の話し方や感情を出したり、動きというものが重要になるんじゃないかななんて思ったりしています。
自分の番の時、話を繰り広げていくごとにベタから外れてる気がするとやりながら思ってしまいます。
ベタな展開を繰り広げていくのも難しいものですね。
マイムも意識が足りなくて中途半端になってましたし、なにより今日の自分は声量が足りなかったんじゃないか思いましたね。
いつもより広い場所ですから当然声が届きにくいのにいつもの練習場所の感覚でやってしまう、やる場所のことも考えないといけませんね。

そして、夜といえど暑くて風もないから清涼もなかった。

…え、つまらない?へたくそ?わかりづらい?そもそも何やってるのかわからない?

ですよね、別に得意とか上手でもないのにやった結果がこの有様です。

自分は何やってんだかと思いつつ今回はこの辺で。

立秋と個人的なわくわく

お久しぶりです。
今回の学祭で音響のチーフをやらせていただくことになった紅露珠璃です。


聞くところによると今日は立秋らしいですね
確かに気温は暑いですが、風が冷たくなってきたような気がします


さて、今日は舞台美術さんと一緒に学祭の会場の下見をしていました
まだ場所は確定してはいませんけど、希望を出した場所を見てきました
希望通りの場所が取れることを祈ってます
主に音響の配線をどうするかを中心に見たのですが、やっぱり配線を考えるときや機材を見ているとわくわくしてきますね!
この機材をどこにつなげて、どのコードを使い配置できるだろうかとか考えるとにやけてくることもあります
また今回の下見でちょっと配線の実験をしました。そのおかげで?使えないと思っていた機材が使えることがわかったことが大きな収穫でした
これで音響の操作面での幅も広がると思います
 せっかくチーフをやらせていただくので、今回の学祭でも音響的に何か新しいことをやりたいです
といっても何をやるかはまだ考えていませんが…
おいおい考えていきたいと思います

ぜひ富山大学の学祭にいらしたときは、ふだいの発表も見て行ってくださいm(_ _)m


今日の練習の話になりますが、今日はロングトーンなど発声を中心にした練習でした
ロングトーンとは、ふだいでは自分の域の続く限り声を出す練習なのですが、なかなか20秒の壁は越えられません
13秒あたりを過ぎてくると息が苦しくなってきます…
そのあとは、久しぶりに場転エチュードをしました
一瞬で違うキャラクター・役目になるのは難しいですね
どうしても同じような性格や役目になってしまいます
自分の演技の殻をぶち破って一皮むけるように努力していこうと思います


あと、今日は練習後にCAD講座も開かれました
CADとは舞台図など書くためのソフトらしいです
初めて使ったソフトなのですが、半径や角度を指定して線が書けるので、文系の私にも簡単に設計図が書けました
まぁ、先輩に丁寧に教えていただいた結果ともいえます
文系といえば、今回の講座の参加者全員が経済学部でしたね
個人的にはCAD講座をやるといわれた時に「さすが大学生」と思ってました
受け継がれてきた技術はしっかりと上乗せして後輩に伝えていきたいと改めて思いました


長々と書いてきましたが、学祭まであと2か月
全力で突っ走っていきます

201X年、劇団ふだいは核の炎に包まれた。

どうも、ロジック&ほんちゃんです。

先輩方と某黒い獣を喰らった後ふたりでロジ邸(灼熱)のベッドの上で更新中です。

今日の練習は、自分の体の可動域を知るのに重点を置いたメニューでした。

通常練習での限界のさらに上を意識する機会が与えられたことで、
今までの限界が本当の限界では無かったことを発見することもありました。

やはり、意識することって大切です。
単に「意識する」というより「意識を常に張り巡らせる」というか…

あとは、自分の中で引出しをたくさん持っておくことも重要ですね。

今日は“粘土”という練習をしましたが、その内容上、お題に沿ったポーズを上手く考え付かなくてはなりません。
この辺は引出しの多さが影響するものだと思います。
さらに、“粘土”には(大体の練習もそうですが)制限時間が存在するので、
瞬時に引出しを持ち出す瞬発力も必要になります。

最後に起承転結エチュードならぬ序破急エチュードをやりました。
ロジックチームは僕がトップバッターだったので、最近高まっている北○の拳風味のモヒカンで入ったら岩ツ先輩がかぶせてくださったので、なかなかぶっ壊れてていていい意味で基地外な動きができて楽しかったです。

ほんちゃんチームはふだい帰省ラッシュに絡めて、帰省がきっかけになった話をやりました。
僕もトップバッターでした。
おかしな話かもしれませんが、トップバッターは舞台に長く立つことになる分、話を自分で理解していくのが難しい!
自分の役にいっぱいいっぱいになって、進展していく話に付いていけない(話の流れを無視してしまう)ことが僕は多いです。
しばらくの間、これは改善するべき点として僕の脳内に居座り続けると思います…


意識して、経験する。こういうことが通常練習を濃いものにし、
やがて公演を、そして劇団ふだいで送る毎日を濃いものにしてゆくのだと思います。


【次回】
○○○○さんの髪の色が......!

次回予告を受けまして・・・


前回のブログで次回のあらすじを書かれたので、これは私が書くべきなのでしょう笑。

一応言っておきますが、私の頭皮や毛根は元気です。
元気モリモリです。

髪を染めたくらいではハゲませんよ。
たぶん・・・

という訳で、こんばんわ。
明日に帰省を控えたヨッカ~です。
最近朝に起きれないのでしっかり起きなくては・・・


さて、今日の練習のことを書きましょうか。

今日の練習では、表情に気を付けて練習をして貰いました。

舞台に立つ以上、ほとんどの人は表情を見られます。
故に素晴らしい動きやセリフ使いをしても、表情に魂が込めれていなければ、かなり情けないものになる可能性があります。

その辺を意識して、本日の練習をやって貰いました。

しかしながら、やはり表情を考えつつ演技するのは難しいものであり、皆さん苦労していましたね。
日常で何気なくしている喜怒哀楽すら、いざ舞台となると悪い意味で演技っぽくなってしまいます。

うーん・・・

表情にも様々な種類がありますが、普段の私たちは、無意識のうちに顔に出ていることが多いんでしょうね、きっと。



ただ、札束が降って来たときの表情を皆さんにして貰いましたが、いやはや、皆さん上手いですねえ~笑

どんな感情なのか、一瞬で分かっちゃいますね。


まあ、今回の練習に限らず様々な場面で表情についての勉強をして貰いたいですね!




そういえば、私たちふだいの団員は、みんな大学生なので今夏休み中です。
そして、お盆も来ることですし、皆帰省するんでしょうね。

旧知の友人に会ったり、家族と過ごしたりと、皆さん満喫して欲しいですね。



・・・・あ、でも、羽目を外しすぎないようにね。

机と椅子と立て看板

お疲れ様です、サラダです。

気づいたら、8月も10日以上過ぎました。暑い日が続きます。



昨日は、人数が少ない中での練習でした。

エチュードでは、机や椅子を最初に配置してやってみました。

人数に対してどれくらい置くべきか、机や椅子をどのように使うかなど、普段考えていないことを考えていました。

エチュードの新しい面を見れた気がします。

机や椅子で階級制度を表現したり、机から椅子を出す出さないで争ったり、面接会場や教室になったりと、様々なエチュードが見れて、新鮮味があり面白かったです。



練習後は、舞台美術で会議をしました。参加してくださった方々、お疲れ様でした。

話し合った内容は、今週の仕事や立て看板についてです。

学祭では去年と同様に立て看板を作成する予定なので、会場に来る際はぜひ、そこも楽しみにしていてください。

今年は、どのような立て看板が出来上がるのか・・・?!




夏バテとか夏風邪とか体調を崩してしまいがちですが、暑さに負けず、今年の学祭を成功させるために協力していきましょう!

こつこついこう

こんばんわ、ししょうです。
最近は一段と熱くなってきているようですね。
セミもあたりで鳴いており夏本番のようであります。

では、今日の練習なのですが
今日は芝居・・・特に立ち振る舞いの姿を重視して練習を行いました。

久しぶりの練習でしたが、想像したよりも自然にできたのではと思います。

基礎をした後で上記のような内容でエチュードをたくさん行ったのですが
やはり、エチュードは得るものが多いのではないかと勝手ながら思います。

さて、今日の内容はこのような感じでありました。
今回は固めの文章で随筆のようなものをめざしてみました。

随筆といえば三大随筆しか思い浮かばない。
枕草子、徒然草、方丈記。
方丈記の影の薄さ異常だろ・・・。
高3のときのクラスのおれの立場かよ・・。

話が逸れてしまいました、以上 ししょうでした。

帰ってきました

どうも、ジャーマンです

帰省先から帰ってきました。
帰省先では高校時代の生活に近い感じで過ごしてました。
ただその時ほど勉強はしてませんでしたが・・・
これはちょっとまずいですね、明日からちまちまやっていくとしましょうか。

そのほかにいつも行ってたラーメン屋でラーメン食べたりとかしてました。
特別帰ってきてやらなきゃということがあまりなくて部屋にこもりがちになりそうだったので、ちょくちょく自転車で市内を回ってました。
高校時代の友人とかにばったり会ってもよかった気がするけどそんなことはありませんでした。

さて、帰省の話はそのくらいにして今日の活動の話へ変わります。
僕は今回遅刻だったので行ったときにはエチュードでした。
色エチュだったんですけど、また色がいつもよりも難しいチョイスでした。
シルバー紅(べに)深緑
やる側は場の雰囲気を作るのに苦労していたみたいです。
こんな色でもすらすらやることができればいざという時臨機応変に対応できるんじゃないかななんて個人的に思ったりしています。

そのあとは学祭に向けての話し合い。
僕は今回運営チームの照明やってるんですけど、舞台図にからんだ話とか去年などの様子を聞いたりとかしてました。
もう帰ってきたわけですからそっち方面も活動していきます。
どんな学祭になっていくんでしょうかね。

今週末は合宿なのかなんて思いつつ今回はこの辺で。