公演後の静寂な時間、こんなのもまた公演の醍醐味なのかな

やあみんな ししょうですよ
いや、ついに終わってしまいましたね冬公演
思い返してみれば長かったような短かったような
公演期間としては約2ヶ月ですね
色々と詰まった2ヶ月だった気がします

あ、多分長くなるのでゆっくり読んでいただければと思います

始まりは、やっぱり僕が演出をやろうかなって思ったところですね
いままでそんなこと考えたこともなかったし
自分に出来るともおもってなかったので
ただ、やっぱり色々と他劇団さんにお世話になって
そこで得たものを1人でもっているよりも
みんなに伝えたいなっておもったところが全てですかね
まあ、初めてだったってのもあるしおもに僕の力不足で全然みんなに伝えられなくて
うまくいかないなぁと思いました
けど、そんな中でも必死に僕の意図を掴んでくれて自分たちの中に落とし込んでくれた役者たちは
ほんとにとても素晴らしいなと思いました
僕が伝えられたことはほんとに基礎の部分で
そこからのことは僕の手を離れて、それぞれの役者の色になってあらわれてたんじゃないかなっておもいます
本番をみててもそう感じました
そして、演出をやるぞってなってからのスタートは早かったものの
先の見通しも甘くてうまくいかなかったところを支えてくれたのはスタッフのみなさんだとおもってます
とくに舞台監督には本当に甘えてばっかりだったなと
それでも僕についてきてくれたみんなには感謝しっぱなしです

そして今回の台本
野田秀樹のRight Eye
もちろん選んだのは僕です
野田秀樹の舞台をやってみたいなっておもっていたので
その中でも1番わかりやすかったものを選びました
しかし、やはりと言うべきか
話が難しい…
ほんとに最初の方なんかは台本の読み込みも甘くて僕自身もなんなのかわからない部分が多くて
みんなも頭の中にはてなマークが浮かんでいたとおもいます
これじゃダメだな、と一念発起
とにかく台本を読み込んで読み込んで
自分なりの解釈をみんなに伝えて、ようやくスタートラインにたったのかなと感じました

2回のドライを経て、舞台が形になりつつあるのをみて
あぁ、こうやって演出として考えたものを形にすることってこんなに素敵なんだなと思いました
みんなの力を借りて、舞台をつくることって素敵だなと

そしてゲネを通して本番
僕がやれることはもうなにも残っていなくて
この舞台は僕の手を離れて
みんなの、劇団ふだいのRight Eyeがはじまるんだなと

終わってみればなんともあっけなく
ただただ良かったと感じただけでした
1人のお客としてみていました

評判は上々で、アンケートにたくさん良かったと書いていただいて本当に嬉しく思いました
これもふだいのみんなのおかげですね

この冬公演、たったの2ヶ月間
やはり、短かったように思います
けれどもその中でこんなに素敵な舞台がつくれて
気持ちはとてもスッキリとしています
舞台美術のみなさん
シンプルながらも質のいいものをつくっていただいてありがとう
カーテンを動かせるようにしてという無茶振りにも答えてくれてありがとう
音響のみなさん
ほとんどなにも言っていないのに、こんなに素敵な音をつけてくれてありがとう
妙なところにこだわっていたのにそこもキチンとやりきってくれてありがとう
照明のみなさん
シンプルな舞台に映える照明案を考え出してくれてありがとう
光の力ってすごいなと、それを紡ぎ出せるみなさんはすごいなと感心しました
衣装メイクのみなさん
沢山キャラが変わるのに対してそれぞれの衣装をつけてそれぞれのキャラを引き立たせてくれてありがとう
最初とは全然違う案を伝えたりと無茶なことも言ったかもしれないけれど全部答えてくれて嬉しかったです
制作のみなさん
僕の中の曖昧なイメージをあそこまで形にしてくれてありがとう
ふわふわとしたイメージしか伝えていないのにそれをしっかりと形成してくれてありがとう本当にすごいなと思いました
そして舞台監督さん
雑多な仕事からなにから全て引き受けてくれてありがとう
本当に助かりました
君がいなければなにもできなかったとおもいます
助演まで任せてごめんね
とっても頼りにしていました
ありがとう

なんか淡々と感謝の意を書いてしまいました…
長くなってすみません

本当に、この冬公演はみんなの力があってこそだなと
そんなことを、演出をやって初めて身に染みて痛感しました
だからこそ演出は楽しいのだと、そう感じました

とっても素敵な舞台
劇団ふだいのRight Eye

最後にこうしてやれて、本当に良かったです

長くなりましたが
このへんで

日誌も最後かな?
では、また
いつの日か

1日目おわり!

ふっきーです(^_^)
今日は劇団ふだい冬季公演1日目でした。観に来ていただいた皆様、ありがとうございました!
もう1回目が終わったのか。そうこうしているうちに、明日は2日目でございます。
14:00~白チーム、19:00~黒チームの公演です。最後まで気を抜かず!いい緊張感の中で出来ますように!

ではでは、明日会場でお待ちしています(^_^)
ふっきーでした。

開演前、30分間

別の言い方だと客入れ時間と言います。
その時間が僕たち、制作の担当時間です。

基本僕は受付に立ってます。
受付でチケットを貰い、パンフレットを渡し、席へ誘導する。基本それの繰り返し。
少しでもお客様がワクワクできるような、そんな客入れをすることが仕事です。そのためにパンフレットだったり、客席だったりを工夫します。読んだお客様が少しでも期待を持ってくれるように。

本場前、スタッフの僕ですが緊張します。ちゃんとお客様は来てくれるのかなって。
一人目のお客様を見たとき、緊張感は安心感に変わります。よかった。この調子で…。
ただ、次の心配事が出てきます。席は足りるのかなぁ…。
開演するまで気が抜けません。

僕の仕事は開演ブザーが鳴ったら終わりです。そこからは演者がお客様を喜ばせる番ですから。
あとは任せたよ。そんな感じです。

今公演もまだ二公演残っています。
公演時間だけでなく、開演前の30分。
今日はいつもより少しだけ早く来て、いつもより少しだけじっくりパンフレットを読んでみませんか?

213

光の真下へ

どうも、久々に日誌を書きます
中野です(^-^)/
とりあえず1日目終わりました!
まぁまぁなかなか満足の出来るような
感じではなかったので、2日目、白チーム
にとっては千秋楽!
もう楽しんでやるしかない!
この冬公演での自分の座右の銘は、
「上手くやるより全力でやれ」でした
やっぱり人の心を動かすのは技術とかでも
できるけど芯から動かせるのはいかに本気でぶつかっていけるかどうかなんだなぁと思います
色々書きましたが、
最近ようやく自分が演劇ができるのは
舞台美術があって、製作があって、衣装メイクがあって、何より見てくれる人がいるからなんだなぁと思います。
明日、その方々が胸を張れるような
お芝居にしたいですね

以上、今日は綺麗な中野でした(⌒-⌒; )

1日目終了

冬公演1日目が終わりました。



本日お越しいただいた方、本当にありがとうございました。


僕は今までで一番モチベーションを高く持って演じることができたと思います。


興奮がまだ冷めやまぬって感じです。いやー、充実した日だったなぁ。



おっと、まだ振り返るのは早い早い。明日は冬公演2日目です。

1日目よりさらに良い公演を披露できるよう今日はぐっすり休みます。

しゅんたでした。
プロフィール

fudai

Author:劇団ふだい
劇団ふだいは、富山大学五福キャンパスにある演劇サークルです。


HPは上のバナーからどうぞ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する